髪のハリやコシってよく聞くけど一体何のこと?

誰しも必ずは聞いたことがあるんではないでしょうか。髪の「ハリ」や「コシ」、「ツヤ」。
ツヤはなんとなく説明できそうではあるけれど、ハリとコシって説明できますか?具体的に何がどう違うのか知っていますか?
美容師さんでも説明できる人は少ないかもしれないそれらについて、詳しくご説明しましょう。

 

・ハリ
ハリとは髪を引っ張ったときの強度を指します。1本の髪を一定の方向に引っ張ったときに切れない限界のことを言います。髪の強度は専用の機械を使って調べることが出来ます。
乾いた髪1本はおよそ150gの重さに耐えることができます。これはMサイズの卵2.5個分に相当します。
人間の頭の髪の毛を束ねたときの強度は実に、1.5tもの重さに耐えることが出来ます。

 

・コシ
コシとはゴムのような弾力性のことを指します。ゴムのように目に見えて伸び縮みはしませんが、指に髪を巻き付けたとき、指を離すと毛先が真っすぐ下方向を向き元の状態に戻ります。これも弾力性があるからの動作です。
髪に弾力性があればある程、健康な髪だと言えます。

 

・ツヤ
ツヤとは髪に含まれる水分量を指します。健康な髪の水分量は12%〜14%と言われています。
髪の水分量が減少すると、はねたり、パサついて広がったりしやすくなります。髪の水分は髪表面を覆っているキューティクルが保護膜の役割をしていますが、ダメージなどによってキューティクルが剥がれてしまうと、先ほどの状態に加えて、枝毛や切れ毛などが発生します。
特にパーマやカラーリングは髪に含まれるたんぱく質を破壊するので、6%〜8%程しか水分を保てなくなってしまいます。
パーマやカラーリングなどで髪が傷むと言うのは、これが原因になって起こります。

 

・ハリやコシのある髪とは
詳しく理解したところで、それらを併せ持つ髪とは一体どういった髪なのかも知っておきましょう。
健康な髪であれば、キューティクルによって髪は保護されており、美しい髪に見えます。髪の太さや長さはハリやコシには関係しません。
こういった髪の毛には”うねり”などがなく、1本1本がしっとりした髪になります。
光が髪に反射することで、髪に光の輪が出来たように見える”天使の輪”はハリやコシのある健康な髪である証拠です。

 

・ハリやコシが無くなると…
では、ハリやコシが無くなってしまうとどうなるのでしょうか。
ハリやコシは気付かないうちにだんだんと減少しています。ハリやコシの無い髪は次第に細くなり抜けやすくなってしまいます。
キューティクルが剥がれて水分も失われるので、髪がパサつきまとまりのない髪になってしまいます。
髪の健康さは顔の印象にとても影響します。髪が健康であればそれだけで若々しく見えますが、ハリやコシのない髪はそれだけで不健康さや、老けた印象を相手に与えてしまいます。

 

女性は髪が命とは言いますが、ハリやコシ、ツヤの重要さを理解し、適切なヘアケアを行って、いつまでも綺麗な女性であるように心がけましょう。