髪にやさしい無添加シャンプーとは?

誰しも”無添加”と記載されていれば、なんとなく安全だという印象を受けることが多いようです。
では、無添加シャンプーとはどういった成分や効果があるのでしょうか。

 

・無添加シャンプーについて
無添加とは、表示指定成分が含まれていないことを言います。表示指定成分とは、1980年に旧厚生省が定めた「稀にアレルギーなどの皮膚障害を起こしうる可能性がある103種類の成分」を指します。
これらに該当する成分が含まれていないシャンプーを無添加シャンプーと言われています。

 

・無添加=絶対に安心?
表示指定成分はおよそ40年前のものなので、そのときには存在していない成分が現在にある場合、その成分が害を与える可能性があったとしても無添加だと表示することができてしまいます。
現在の製造精製技術はかなり向上しており、含まれる化学成分はおよそ4,000種類にもなり、有害な物質ももちろん増えているでしょう。
旧厚生省が指定した成分が入っていないから必ずしも安全であるとは言い切れなくなってきています。
なので、無添加シャンプーであっても必ず成分表示などを確認することがとても大切です。
現在では様々なシャンプーがあるので、例えば防腐剤無添加のシャンプーの場合、冷蔵庫保存をするように記載されているのを確認せずに浴室などで保管していると、頭皮トラブルを起こすことも考えられるので、使い方もきちんと確認しましょう。

 

アレルギーの心配はないか、肌トラブルが起きそうな成分はないかなど、成分表示や注意書き、使用方法など出来れば記載される全文を確認する必要があります。

 

・成分表示
旧厚生省が指定した103種類の成分には、合成界面活性剤、酸化防止剤、乳化剤、毛根刺激剤、色素、香料などがありますが、2001年の薬事法改定で、化粧品は全成分を表示することが義務化されました。
「無添加シャンプーだから安心」という訳ではなく、記載される説明文や成分表示で、体や肌に影響が無いかどうか見極める必要があります。
特に敏感肌やアレルギー体質の人であれば、アミノ酸系シャンプーの方が比較的安心です。体を作っているタンパク質はアミノ酸で作られています。刺激が少なく肌にやさしいとされているので、敏感肌やアトピー肌の人によくオススメなシャンプーとして紹介されています。
アミノ酸系シャンプーであるか判断する成分には、「グリシン」や「グルタミン」、「ラウリン酸」などの成分が記載されています。