肌が弱い人にもオススメなシャンプーとは

肌が弱い人にはヘアカラーを行った数日後に、頭皮がかゆくなる人もいるようです。
そんな時に頭皮ケアができるシャンプーが有効ですが、スキンケアシャンプーの多くは強い洗浄力で頭皮をきれいに洗い流すもののようです。強い洗浄力を肌の弱い人が使うと、頭皮に刺激を与えてしまいさらにかゆくなることがあるようです。
肌が弱い人でも安心して使える低刺激なシャンプーとは、一体どんなものなのでしょうか。

 

・肌が弱い人にオススメなシャンプー
現在ではかなりの量のシャンプーが販売されています。”肌が弱いからオーガニックのもの”という考えだけでシャンプーを選ぶ人がいますが、オーガニックが必ずしも肌トラブルを起こさないとは限りません。
オーガニックは天然のものを使用されていて、栽培時に農薬を使っていないことを指します。その認定を受けるにも費用がかかる分、商品の値段も高くなっていますが、肌トラブルのリスクを軽減できるので検討しても良いでしょう。

 

・オーガニック認定
一言でオーガニック認定と言っても、様々な認定の種類があって、規定を満たす商品にはオーガニック認定の印が付けられます。
オーガニック認定は主に5つに分けられます。

 

◎BDIH
◎エコサート
◎コスメビオ
◎デメター
◎ネイルトルー

 

認定によって規定内容が異なるので、全てのオーガニック認定がされた商品で合成成分が使用されていないという訳ではありません。
「肌になるべく優しい成分が使われている」や「合成成分をなるべく使っていない」と考える方が良いでしょう。

 

・オーガニックは肌トラブルが起きない?
誤解されがちですが、オーガニックでも肌トラブルになることがあります。実は合成成分よりもトラブルが多めだと言われることも。
オーガニックシャンプー以外の一般的なシャンプーには合成成分が含まれますが、肌トラブルが起きるリスクがかなり低いです。
病院で処方される薬も同じことですが、漢方は自然の力を使い、抗生物質であれば科学的に作用するかの違いと同じことが言えます。
なので、オーガニックは”肌に優しい”ではなく”自然由来だ”という認識の方が良いでしょう。

 

・肌の弱い人へ
敏感肌の人向けのシャンプーには髪のパサつきをケアできるものが少なく、カラーリングをしていたりダメージのある髪ではその効果がいまひとつのようです。
もちろんダメージケアのシャンプーはあるものの、合成物質が多いのを知っていてください。
正しい知識を取り入れて自分の肌に合ったシャンプーを選んでくださいね。