髪質 改善 シャンプー

サラサラのツヤ髪になりたいけれど、カラーリングやパーマでパサパサになってしまった髪はなかなか元には戻らないですよね。

 

髪がサラサラになると注目される「ノンシリコンシャンプー」ですが、本当に髪質を変えられるのでしょうか。

 

 

・自然派志向への転換

 

従来の市販シャンプーには「シリコン(ケイ素)」を配合したものが多かったのですが、自然派志向が注目されるようになり、

 

シャンプーも「無添加」のものが注目されるようになってきました。

 

そもそもシリコンは髪をコーティングして、まとまりを良くするために使われており、「毛穴に詰まって薄毛になる」

 

「髪をコーティングしただけで傷みを解決できるわけではない」として敬遠されるようになったのです。

 

 

・ノンシリコンシャンプーは髪質を変えられる?

 

今までシリコンシャンプーを使っていた髪は、そのコーティングの効果でまとまりのある髪に仕上がっていました。

 

しかしサラサラふんわりした髪がもてはやされるようになり、ノンシリコンシャンプーの「洗い上がりのサラサラ感」が注目されるようになっていきました。

 

ノンシリコンシャンプーに変えるとボリュームのあるサラサラの髪質に変われる、髪質が改善されると感じられるからでしょう。

 

しかしこれは、シリコンによるコーティングが徐々に取れて、「本来の髪質に戻る」ことで髪質が変わったかのように感じるだけで、

 

そもそもの髪質を変えられるわけではありません。。

 

ただコーティングでごまかしてきた傷んだ髪を本来の状態に戻し、頭皮環境を健康な状態に戻せるという意味では効果が見込めます。

 

 

・ノンシリコンシャンプーの落とし穴

 

ノンシリコンシャンプーだから安全かというと一概には言い切れません。シリコンを使わない分、それに代わるコーティング成分を配合しているからです。

 

ではなぜコーティング成分を配合しているのでしょうか。

 

それはノンシリコンシャンプーのデメリットである「コーティングがないので絡まりやすくダメージを受けやすい」ことや

 

「コーティングが無い分、ドライヤーの熱から守られず傷んでしまう」という理由から、髪を守る成分が必要となるためです。

 

その結果「ラウレス硫酸アンモニウム」「ポリクオタニウム−10」「安息香酸Na」といった頭皮への刺激が強い成分を含んでいる製品も多くみられます。

 

ノンシリコンシャンプーでも成分をきちんと確認することが必要です。

 

 

 

いかがでしたか?ノンシリコンシャンプーは本来の髪質を取り戻すためには効果的なんですね。

 

ただ製品によっては頭皮にダメージを与える成分が入っていることがあるので成分チェックをしっかりして、自分に合ったシャンプーを選んでくださいね。