頭皮 血行促進

頭皮の血流が悪くなると薄毛につながるってご存知ですか?
血流が不足すると、髪に栄養が行きわたらず、その成長が止まってしまい、結果的に薄毛につながってしまいます。
では頭皮の血行はどうすればよくなるのでしょうか。

 

 

1.頭皮血流のチェックをしましょう

 

頭皮の血行が悪いと薄毛になると分かっても、自分の頭皮はどうかは分からないと思いますので、簡単なチェック方法をご紹介します。
まずは、頭をボールをつかむようにガシッとつかんでください。
もしも、痛みを感じたり、感覚が鈍い感じがしたら注意が必要です。
血流が鈍い状態とは、ちょうど「正座で痺れた足」を思い浮かべると分かりやすいと思います。
痛みや鈍い感覚がある時は血流不足になっていますので、血流を改善する必要があります。

 

 

2.頭皮マッサージを行いましょう

 

ホホバオイルを使ったハンドマッサージは、毛穴に詰まった酸化した皮脂を溶かし出す効果があります。
シャンプー前にこのマッサージを行うことで、より酸化した皮脂を落としやすくします。

 

 

3.体に優しいシャンプーを使いましょう

 

シャンプーには多くの化学薬品が含まれています。
特にラウリルという界面活性剤は毒性が高いので注意が必要です。
またパラベンという防腐剤も強力な殺菌力があり頭皮にも影響を与えます。
できるだけ頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。
またノンシリコンシャンプーは、髪にコシがなくボリュームが無い人にはおススメです。
サラサラとした髪質に仕上がります。
天然由来のオイルを使用したオイルシャンプーも効果的です。

 

 

4.炭酸水で血行促進

 

シャンプーをしっかりとすすいだ後、炭酸水を頭皮にかけると血行が促進されます。
炭酸水には血管拡張作用があるので血流が良くなります。

 

 

いかがでしたか?ご紹介した方法でシャンプーを行うと、頭皮の血行が促進され髪にコシ・ハリが出てきます。
ぜひお試しください。