どうしてできるの?髪の枝毛と傷みの原因は?

ふと気が付くと出来ている枝毛。枝毛はどうして出来るのでしょうか?
ここでは枝毛が出来る原因を探っていきたいと思います。

 

髪が傷んでしまう原因とは?

 

まず、髪にはそれぞれ必要な水分が含まれていて、この水分は「キューティクル」という外壁が保護しています。
髪が何かの要因で傷んでしまうと、そこのキューティクルが剥がれて水分が蒸発します。

 

そして髪の繊維が裂けてしまい「枝毛」となってしまうのです。

 

髪が傷む主な原因としては、主に次の4つです。

 

髪を乾かさずに濡れたままで寝てしまう

 

髪が完全に乾かないまま寝てしまうと、枕などの寝具との摩擦でキューティクルが剥がれてしまい、切れ毛や枝毛ができてしまいます。

 

ドライヤーの温風を近づけすぎて髪にダメージを与えている

 

髪にドライヤーの熱風を近づけすぎると髪の中の必要な水分まで蒸発させてしまい、枝毛の原因となります。
特に毛先に集中して熱風を当ててしまうのはよくありません。頭皮や根元の方をしっかりと乾かしましょう。

 

またドライヤーは髪から20センチ以上離して使うようにしましょう。ドライヤーは正しく使えば髪を傷めません。

 

パーマやカラーリングによるダメージ

 

パーマやカラーリングは頻繁にしすぎると、髪のキューティクルが傷ついて枝毛の原因となります。

 

最近は金髪などの元の髪色とはかけ離れた色に染めることが多く、そういった髪色に染めるためには、
一旦脱色してからでないと染まりません。

 

脱色は髪を守っているキューティクルを無理やり剥がして、
色を入れていくので、髪が傷んで枝毛やパサつきの原因となります。

 

自分に合っていないシャンプーを使っている

 

シャンプーにも色々な製品がありますが、主に2つに分けられます。
市販で比較的安く売られているシリコンシャンプー、天然成分を使用した髪に優しいノンシリコンシャンプーがあります。

 

シリコンシャンプーは髪をコーテイングしてくれるので枝毛がなくなったように思われます。
しかし実際は表面をコーティングしただけなので枝毛自体が改善されたわけではありません。

 

それどころか、シリコンは流しても落ちにくく、かえって髪を傷めてしまうのです。

 

一方、ノンシリコンシャンプーは、髪自体のキューティクルを復活させ、枝毛の原因を改善し、
本来の美しい髪を取り戻す手助けをしてくれます。

 

一度、傷むと健康な髪に戻すのには時間がかかります。毎日の洗髪の習慣を見直して、美しい髪を手に入れましょう。