ノンシリコンシャンプーならどれでもいいわけではありません!

自分は敏感肌だからと、なんとなくノンシリコンシャンプーがいいんだろうなという理由でシャンプーを選んではいませんか?
実は、ノンシリコンシャンプーならどれでもいいという訳ではないのです。

 

私も敏感肌で普通のシャンプーを使うと頭皮が痛んでしまうので、
ずっとノンシリコンのシャンプーを選んでいました。
でも、市販の安いシャンプーを選んでいたので結局頭皮に痛みが出てしまいました・・・。

 

敏感肌やアトピー肌の人が間違ったシャンプーを選べば悪化する可能性も…。
敏感肌やアトピー肌の人がノンシリコンシャンプーを選ぶ時のポイントを紹介したいと思います!

 

ノンシリコンシャンプーを選ぶときのポイント

 

天然由来成分を多く含んだシャンプーを選ぶ。

 

アミノ酸洗浄成分を使ったシャンプー。

 

コンディショナーもノンシリコンのシャンプーを選ぶ。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

以前、ノンシリコンシャンプーがブームになりました。シリコン入りのシャンプーでは髪にシリコンが残ってしまうのが悪い影響を与えてしまうとか、毛穴が塞がれてしまうといったことが広まったようです。では逆にノンシリコンシャンプーなら髪も傷まず毛穴や肌にもやさしいのではないか、そういうイメージでブームになったようです。
それでは実際のところ、ノンシリコンシャンプーのメリットは何なのか。
髪が痛んでパサパサしてしまった人がシリコン入りのシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えると、髪にツヤが出て自然な毛艶が戻ってきます。また、ノンシリコンシャンプーが髪全体に膜を張って、その後のトリートメントの成分を浸透させやすくするので髪がサラサラになります。今までのトリートメント以上の効果を得られます。

 

ノンシリコンシャンプーなら全て、敏感肌の人にやさしい?

メリットの項目から肌が弱い人にもやさしいシャンプーだということに繋がっているようですが、ノンシリコンシャンプーも様々な商品が発売されています。そのどれもが敏感肌の人にやさしいのでしょうか。
ノンシリコンシャンプーは”シリコンが入っていないシャンプー”という意味なので、シリコンに代わる成分が含まれています。
シリコンが含まれていると髪の「きしみ」が抑えられるので、ロングヘアの人や絡まりやすい髪を指通りの良いサラサラな髪質にしてくれます。ノンシリコンシャンプーには「きしみ」を抑えるなどの効果がある成分をシリコンの代わりに入れてあり、それが肌に合わないという場合もあります。その結果、かゆみや肌荒れを引き起こしてしまうのです。
実際に敏感肌の人がノンシリコンシャンプーを使用して、髪の調子が良くなったり、クセ毛が改善された人も多いようです。良いシャンプーは高価なものが多いようですが、その分の効果は感じられそうです。
しかし、一部の商品ではシリコンの代わりに強い成分が含まれていることもあるようなので、全てのノンシリコンシャンプーが敏感肌の人に良いという訳ではなく、自分に合うノンシリコンシャンプーを選ぶことが重要です。